本文へスキップ

アースは建築用窓ガラスフィルムを中心にステッカー、化粧シート、床コーティング、蛍光灯カバー、窓ガラスを販売・施工する会社です。
施工可能エリアは広島県,山口県,島根県,鳥取県,岡山県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,愛媛県,徳島県,香川県,高知県

TEL. 0829-50-1288

〒739-0414 広島県廿日市市宮島口東1丁目10-15

建築用窓ガラスフィルム アース HOME室内の紫外線対策に窓ガラスフィルム

室内の紫外線対策に窓ガラスフィルム

女性にとってお肌のトラブルは深刻です。年を重ねても美肌でいるために、紫外線対策をしていることでしょう。紫外線のダメージはお肌に蓄積され、年を重ねてから表面化することがあります。紫外線は屋外だけではなく、窓ガラスを通して屋内にも入り込んできます。窓ガラスフィルムを貼っていれば有害な紫外線を99%カットするのでお肌に優しく、家具やフローリングの日焼けも低減できます。

紫外線には3種類ある

普段から何気なく紫外線といっていますが、実は紫外線には3種類あります。

・ UVA(紫外線A波)

一年中降り注いでいる紫外線で、一番有害性が少ないといわれています。しかし、肌の表皮を突き抜け真皮まで浸透し、美肌に欠かせないコラーゲンを破壊するので、肌トラブルの原因になります。一番被害が少ないですが、美容のためにはしっかりと対策をとる必要があります。UVAは、窓ガラスを通過して室内に侵入してきますので、注意が必要です。

・ UVB(紫外線B波)

UVAとは違い、肌の表皮までしか届きませんが、表皮の細胞膜を破壊します。メラニン色素を増加させシミ、そばかす、シワの原因になります。紫外線Aよりも600〜1,000倍近い有害性があり、肌の表面が赤くなったり水ぶくれを起こしたりします。

・ UVC(紫外線C波)

UVBよりも強い有害性を持っています。本来ならオゾン層で吸入され地上までは届かないのですが、オゾン層の破壊が進む今、地上まで届く危険性があるといわれています。

室内でもしっかりと紫外線対策を

UVAは窓ガラスを通過し、侵入してくるので室内にいるからといって安心はできません。室内でも快適に過ごせるように、紫外線対策をするようにしましょう。紫外線対策としては、窓にUVカットフィルムを貼ることをおすすめします。上述しましたが、紫外線のダメージは、年齢を重ねてから表面化することがあります。あらかじめ対策をとっておくことで、将来の肌トラブル予防に繋がります。

窓ガラスフィルム工事なら、ぜひアースにお任せください。アースでは建築用窓ガラスフィルムの販売や工事を行っています。販売している窓ガラスフィルムは、UVカットフィルム、ガラス飛散防止フィルム、断熱フィルム、HACCP対応の防虫フィルム、目隠し可能なプライバシーフィルムなど多岐にわたります。建築フィルム1級施工技能士が工事を行っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

アース : 建築用窓ガラスフィルム販売・施工専門店