本文へスキップ

アースは建築用窓ガラスフィルムを中心にステッカー、化粧シート、床コーティング、蛍光灯カバー、窓ガラスを販売・施工する会社です。
施工可能エリアは広島県,山口県,島根県,鳥取県,岡山県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,愛媛県,徳島県,香川県,高知県

TEL. 0829-50-1288

〒739-0414 広島県廿日市市宮島口東1丁目10-15

建築用窓ガラスフィルム アース HOME窓ガラスフィルムを貼って二次災害を防ごう

窓ガラスフィルムを貼って二次災害を防ごう

日本は世界的に見ても地震が多い国です。地震以外にも台風や大雨、竜巻など様々な災害があります。自然災害を防ぐ手立てはありませんが、被害を少なくするために前もって対策をしておくことはできます。二次災害、三次災害を防ぐために前もって対策をしましょう。

飛散防止の窓ガラスフィルムを貼ろう

地震や台風が起きたとき、安全を確保するために避難をします。しかし、災害によって割れたガラス破片が地面に散らばっていると、怪我をする可能性が高くなります。

ガラス破片が散らばっていることが原因で、二次災害を引き起こす可能性があるのです。ガラスは割れると先端が鋭く尖ります。割れたガラス破片を踏むことで怪我をするのは容易に想像できますが、災害時のガラス被害まで考える方は少ないのではないでしょうか。

実際に災害時のガラス被害は多いと言われています。飛散防止の窓ガラスフィルムを貼ることで、自分たちだけではなく避難する方々が怪我をするリスクを下げることができます。

室内の安全を確保できる

ガラスは窓だけではなく、家具にも使用されています。地震が起きたときにガラス部分が割れると、室内にいても怪我をする可能性があります。小さいお子様がいるご家庭なら、家族の安全のためにも貼っておくことをおすすめします。

突発的な事故の予防

窓ガラスフィルムを貼っておくことは、災害時のガラス被害を減らすだけでなく、日常のガラス事故対策にも役立ちます。窓ガラスの近くに置いてある置物を倒したり、子供がはしゃいでガラスに衝突したりするなどの事故が起きたときも、大きな怪我をする可能性が低くなります。

窓ガラスフィルムの購入、施工の依頼なら、ぜひアースにお任せください。アースでは飛散防止フィルムはもちろん、防犯フィルム、プライバシーフィルム、紫外線カットフィルムなど、様々な建築用窓ガラスフィルムを取り扱っております。施工エリアは広島県、島根県、岡山県などの中国地方、香川県などの四国エリア、福岡県や佐賀県などの九州エリアなど広範囲にわたります。窓ガラスフィルムの施工をお考えでしたら、一度お問い合わせください。

アース : 建築用窓ガラスフィルム販売・施工専門店