本文へスキップ

アースは建築用窓ガラスフィルムを中心にステッカー、化粧シート、床コーティング、蛍光灯カバー、窓ガラスを販売・施工する会社です。
施工可能エリアは広島県,山口県,島根県,鳥取県,岡山県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,愛媛県,徳島県,香川県,高知県

TEL. 0829-50-1288

〒739-0414 広島県廿日市市宮島口東1丁目10-15

建築用窓ガラスフィルム アース HOME窓フィルムのお手入れ方法

窓フィルムのお手入れ方法

防犯や紫外線カット、プライバシー保護など様々な目的で使用されている窓フィルム。窓フィルムの施工を終えたら、定期的にお手入れしましょう。汚れていると性能が落ちてしまいます。また、定期的なお手入れをすることで、窓フィルムを長持ちさせることができます。

こちらでは窓フィルム施工後のお手入れ方法について説明していきます。

お手入れするときは柔らかい布で

窓フィルムのお手入れでは、水に濡らした柔らかい布やスポンジ、ゴムスキージーを使用してください。硬い掃除用具を使用すると窓フィルムにキズがつきます。拭くときは往復をせず、一定方向に向かって水拭きをしましょう。乾拭きは厳禁です。

汚れがあるときは中性洗剤を使おう

汚れが目立つときは、中性洗剤を使用しましょう。ゴムスキージーでお手入れする場合は、洗剤の濃度を薄めてから利用してください。また、ゴムスキージーの本体が窓に接触して、キズがつかないように気をつける必要があります。アルカリ性・酸性の洗剤や研磨剤が含まれた洗剤を使ってのお手入れはできません。

注意するべきポイント

ハードコートがない窓フィルムは、キズがつきやすいので気をつけましょう。また、窓フィルムにシールやテープなどを貼ると、窓フィルムの表面が剥がれたり変色したりする原因になります。

大きな窓に貼ったフィルムは繋ぎ目があるので、お手入れ時は繋ぎ目に沿って拭くようにしましょう。窓フィルムの施工後は水分が抜けていないので、乾くまでは触らないことが大切です。窓フィルムの種類や貼る方角、季節によって水分が乾くまでの期間は違うので、前もって確認しておく必要があります。

窓フィルムをお探しでしたら、ぜひアースをご利用ください。アースではUVカットフィルム、防虫フィルム、飛散防止フィルムなど様々な窓フィルムを販売、施工を行っております。アースではお客様が快適な暮らしを送れるように、建築フィルム1級技能士が施工を行い、適正価格・責任施工をモットーとしています。

アース : 建築用窓ガラスフィルム販売・施工専門店