本文へスキップ

アースは建築用窓ガラスフィルムを中心にステッカー、化粧シート、床コーティング、蛍光灯カバー、窓ガラスを販売・施工する会社です。
施工可能エリアは広島県,山口県,島根県,鳥取県,岡山県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,愛媛県,徳島県,香川県,高知県

TEL. 0829-50-1288

〒739-0414 広島県廿日市市宮島口東1丁目10-15

建築用窓ガラスフィルム アース HOME窓ガラスフィルムを貼ってプライバシー対策を

窓ガラスフィルムを貼ってプライバシー対策を

アパートやマンション、一戸建てなど、どのような建物にも窓ガラスはあります。
建物にとって窓ガラスの存在は大きく、特に日中は窓から差し込む光が室内の明るさにも影響してきます。
窓ガラスが大きければ陽の当たる量は多くなり、明るい部屋を保つことができます。

できれば日中だけでもカーテンを全開にして、太陽の光を室内に入れたいと考える方も少なくありません。
しかしカーテンを全開にすると外から室内が丸見えとなるため、カーテンを開けることに躊躇してしまう方も多いです。

カーテンを開けると電気代の節約ができる

カーテンを開ける目的は様々ですが、カーテンを開けた生活は電気代の節約に繋がります。
例えば、晴れた日の日中にカーテンを開けると室内は明るくなり、電気を使う必要も少なくなります。

また、寒い日はついつい暖房をつけたくなりますが、カーテンを開けておけば太陽の熱が室内に入り込み、暖房をつけなくとも十分に室内が暖かくなります。太陽の熱は持続性が高いので、暗くなってカーテンを閉めた後でも、熱を保ち続けます。カーテンの開け閉めは、省エネに繋がるのです。

カーテンを開けるとプライバシーがなくなる

カーテンを開けることで外から室内を覗かれては、趣味などの好きなことも自由にできず、防犯面でもよくありません。リラックスできるはずの自宅にも関わらず、覗かれるかもしれないというストレスが溜まる可能性もあります。

1Fにオフィスを構える場合、お客様を気持ち良く迎えるためには、ブラインドカーテンを上げたままの状態で営業するのが理想的です。しかし、他人に見られてはいけない重要書類などが、窓の外から見えるようなことがあっては大問題です。

アースでは、プライバシーや防犯的な問題を解決する窓ガラスフィルムを販売しております。
すりガラス風タイプ、ハーフミラータイプ、スモークタイプの3種類の窓ガラスフィルムを取り揃えております。他にも遮熱フィルムや紫外線カットフィルムなど、多種多様の窓ガラスフィルムをご用意しております。
用途に合わせてお選びください。

アース : 建築用窓ガラスフィルム販売・施工専門店